宮城県ソフトウェア事業協同組合 株式会社イトナブ 代表 古山隆幸様

「イトナブ」とは、どういう組織ですか。

イトナブとは「IT」×「遊ぶ」×「学ぶ」×「営む」×「イノベーション」の造語です。 石巻の次世代を担う若者を対象にソフトウェア開発やグラフィックデザインを学ぶ拠点と機会を提供し、石巻から世界に挑戦できる環境づくりをしています。

「イトナブ」のはじまりについて教えてください。

石巻は都市部に比べて仕事や学びの場が少なく、将来の選択肢が少ない街でした。その結果、若者が地元に残りたくても地元を離れざるをえない状況でした。その後、2011年3月11日。東日本大震災が起こり、多くの犠牲と被害がありました。多くの人からの支援があって、石巻は可能性あふれる新たな街へと進化し始めています。石巻の若者もこの進化と共に成長していけるように。石巻から世界へ挑戦できるように。2012年1月からイトナブは活動を開始しました。

「イトナブ」のこれまでについて教えてください。

イトナブはITという切り口で小学生から大学生を対象に、新しい世界に触れるきっかけを作ってきました。
震災前の石巻は「チャレンジしている近い大人」がとても少ない町でした。若者たちはどのようにチャレンジしたらいいかもわからず、敷かれたレールを走るということに慣れ、それが正しい選択という気持ちになり、その気持がループすることにより、衰退していく町が出来上がったのかなと感じました。しかし、震災があり、たくさんの方が石巻という町に訪れ、たくさんの「アイディア」「技術」「想い」を伝えてくれました。

その結果少しずつですが、自分の力で世界に挑戦したいという想いを持った若
者が一人、また一人と現れ、進化し始めています。今では、彼らは学んだ技術を活かして仕事をしたり、新しくやって来た若者に先生となって技術を教えるようになりました。多くの若者と出会い成長しあいながら、これまで走り続けてきました。

「イトナブ」のこれからについて教えてください。

これからの時代はより「テクノロジー」は進化していきます。
街づくりの要素にもテクノロジーの活用は地域活性化に大きな期待を寄せられているところもあります。
しかし、それを活用できる人材が町にいなければ、うまく利用することはできません。
外から、人材を確保するということもありますが、それだって、この地方創生のご時世どの地方都市もとりかかっている状況の中でどれだけ優秀な人材が地方に移住してくれるかは未知数です。
だからこそ、地域ごとにテクノロジーを学べる環境を構築し、町のなかで人材を育てるという「自活」できるモデルが重要になってくると感じております。
まだイノベーションは起こす前段階ですが、そういった、志高く技術力をもっ
た若者が育つことが、町が本来進化すべき形なのではないでしょうか。

イトナブは社団法人と株式会社を持っております。
社団法人では教育、株式会社ではビジネスを行っており、iOS、Android、ウェブ制作、映像制作、研究開発等行っております。

最後に、宮城県ソフトウェア事業協同組合への加入のきっかけなど教えてください。

宮城県ソフトウェア事業協同組合は、まだまだ小さい団体ですが、たくさんの企業の方々とお会いができる機会が増えるかと思い、この度は加入をさせていただきました。イトナブは若者教育を中心に活動をしておりますので、若者たちがたくさんの企業でいろんな勉強ができるように今後MISPAの団体の方とは連携を取っていければと考えております。