IoT検定制度のご案内

投稿者:jaspanet 投稿日時:月, 2016-09-26 00:27

JASPA会員各位

平素よりJASPAの活動にご支援、ご協力をいただき、ありがとうございます。

今年はIoTという言葉を一日何回も耳にしたり、目にしたりしますが、
IoTがつくる新しい社会は「人」「モノ」「教育」を変えようとしています。
IoTに対応できる人材は、これからの社会を牽引していく力となります。
総務省でもIoTに対応できる人材を、現在の約110万人から平成37年までに
200万人規模にする目標を立ている、と報じられています。

JASPA会長中島洋氏が委員長を務めるIoT検定制度委員会は
IoT人材の育成促進のため、今年5月よりIoT検定のレベル1試験を
開始しました。

現在は、東京・大阪で月に計4回程度の試験日を設けていますが、
IoTの重要性が認識されるにつれ、受験希望者が増えています。

今回、会員の皆様にもIoTを導入、推進する際の人材の指標として、
より広く認知していただきたく、IoT検定をご案内いたします。

IoT検定HP  http://www.iotcert.org/

【IoT検定制度の体系】

IoT検定レベル1試験 プロフェッショナル・コーディネータ
IoT検定レベル2試験 プロフェッショナル・エンジニア
IoT検定レベル3試験 プロフェッショナル・アーキテクト

【レベル1試験概要】
・正式名称 IoT検定レベル1試験プロフェッショナル・コーディネータ
・試験方法 CBT 四肢択一
・試験時間 60分
・出題総数 70問
・評価方法 合否(60%以上の正解で合格)
 認定方法 合格者にはプロフェッショナル・コーディネータ認定証を発行
・受験料金 10,800円(消費税込)

【出題範囲】
戦略とマネジメント
産業システムと標準化
法律
ネットワーク
IoTデバイス
IoTプラットフォーム
セキュリティ

【試験会場】
以下の2つの試験会場から実施します。
東京/代々木 (10月は品川で特別開催日あり)
大阪/心斎橋

【試験日程・申込み】
申込サイトで公開しています
http://www.iotcert.org/info/exam_entry/

【IoT検定制度委員会】
委員長 :中島 洋
事務局長:近森 満

【メンバー】
・ 中島 洋  国際大学 グローバルコミュニケーションセンター 教授、
        全国ソフトウェア協同組合連合会 会長、株式会社MM総研代表取締役所長、
        一般社団法人日本個人情報管理協会 理事長
・ 満岡 秀一 株式会社トップゲート 取締役
・ 渡辺 登  合同会社ワタナベ技研 代表 NPO法人WRO Japan 理事/実行委員長
・ 原口 一孝 KT-NET 運営事務局、東京システムハウス株式会社 スマートセキュリティプロジェクト課長
・ 伊本 貴士 メディアスケッチ株式会社 代表取締役 兼 株式会社コーデセブン CTO
・ 高安 篤史 合同会社コンサランス 代表、中小企業診断士
・ 末石 吾朗 東京電機大学 講師、人工知能概論 共著者
・ 近森 満  株式会社サートプロ 代表取締役、電気電子系技術者育成協議会 理事、
        一般社団法人職業能力支援機構 理事

【問い合わせ先】
IoT検定制度委員会
公式ホームページ  http://www.iotcert.org/
公式フェイスブック https://www.facebook.com/IoTkentei/
IoT検定申込みサイト http://www.iotcert.org/info/exam_entry/