静岡県ソフトウェア事業協同組合創立30周年の報告

投稿者:jaspanet 投稿日時:月, 2015-02-23 07:05

去る2月19日、静岡県ソフトウェア事業協同組合(SSA)は、創立30周年を記念して、記念講演ならびに式典・祝賀会をホテルアソシア静岡において挙行いたしました。
30周年行事に先立ち、恒例のJASPA運営員会が同ホテルにて開催され、午後4時から記念講演に移りました。
「エネルギー改革が日本を救う」と題し、同名の著作の執筆に関わられた中島洋会長の記念講演は、ビジネスモデルがITと相似するという電力にまつわるお話で、これからの地域のあり方をも示唆する貴重なお話をいただけました。
当日参加された皆さんには、会長自らサインされた著書もお土産としてお持ち帰りいただきましたので、講演の内容を後日噛みしめて読まれたことと思います。
講演終了後は、記念式典ならびに祝賀会が催され、JASAP中島会長ならびに横尾事務局長はじめ、静岡県中小企業団体中央会、静岡情報産業協会、地元専門学校、職業高校関係者のご来賓を始め、JASPAからは北海道から九州まで28名の皆様に遠路ご参集いただき、またSSA各社の代表者や社員の皆さんも含め総勢100名余となりました。
式典では、中島会長はじめご来賓のご祝辞と歴代(4代)理事長に対する感謝状贈呈などシンプルながらも厳かな雰囲気で進められました。
その後、横尾事務局長のSSAとJASPAのそもそもの馴れ初めについてのエピソードを交えての乾杯によって始まった祝賀会は、大道芸では今や全国に鳴り響く当地静岡の大道芸人「あまる」さんのスリリングなパフォーマンスも会場に花を添え、和やかな雰囲気の中で祝宴が繰り広げられました。
皆様から数多くの祝福や激励の言葉を賜り、私たち静岡県ソフトウェア事業協同組合は、新たな時代を切り拓くための組織体制を目指して歩みを始めますので、今後ともJASPAとも緊密な連携体制で臨んで参りたく、ご支援・ご協力のほど宜しくお願い申し上げます。